植物の種類と分類

植物の種類と草花の種類

植物にはたくさんの種類があり、水やりや肥料のやり方、日なたや日陰など、育て方や育てる場所によっても選ぶ植物の種類は変わります。

 

鉢で育てたり庭で育てたり、どのようなところで植物を育てたいのか、またどんな植物が育てやすいのか、植物や草花の種類をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

 

 

基本的な植物の種類

アイビーの画像

草花

花を観賞するものと葉っぱや草姿を楽しむものがあり、草元類のなかの一大グループです。
生育期間が何年も続くものと、1、2年で終わるものががあります。 樹木に比べると、寿命は短いです。

 

ツル性植物

種子植物のうち、ツルを伸ばして成長する植物で、形態による分け方の一つです。 草本類、木本類の両方に見られます。

 

多肉植物

茎や葉が、厚く多肉質なっている植物です。サボテンもこれに当てはまるりますが、3000以上種類があるため、分けるのが一般的です。

 

樹木

落葉樹、常緑樹、および葉の形で広葉樹、針葉樹に分類されます。一般に庭植えするものを庭木、花を楽しむものを花木とも呼びます。

 

水生植物

水中や水際で育つ植物、水中に浮かぶものや水面に浮かぶ植物もあります。水中で育つものの中でも、土に根を張るものもあります。

 

植物の種類【鉢花・ガーデニング】

鉢花を育てたりガーデニングをするときは、それにあった植物を使用します。サボテンや多肉植物、蘭や観葉植物などは、鉢植えやガーデニングには使用しませんが、量産されていて花の綺麗なものは一部使用されているものもあります。

 

 

一年草

植物が発芽して開花まで1年以内のものをいい、一年草でも秋まきや春まきのものがあります。

 

二年草

発芽してから開花までの期間が1年以上で、2年以内に枯れてしまう植物をいいます。

 

多年草

多年にわたって開花したりして生育するもの、休眠中も地上部分が枯れないものをいいます。

屋根草

数年間生育するもので、夏または冬に休眠し根株を残して地上部分が枯れるも植物をいいます。

球根類

宿根草のうち茎、または根の一部分が養分を肥大して、養分を蓄えるようになったものを球根類といいます。

 

木本植物

落葉性と常緑性のものに分類でき、高木、庭木と丈の高さによっても分類します。

落葉性木本植物

温帯原産のもので、秋に落葉して冬を越え、春にに生育し開花します。

常緑性木本植物

原産地は熱帯地域で、おもに夏の木本植物です。