肥料の種類と分類

植物に必要な栄養素!肥料の選び方と与え方

日陰や半日陰の場所で育つ植物も、日当たりのよい場所で育つ植物と同じように栄養不足になります。植物が健康に育ち、花を咲かせたり成長するためには、肥料は必要な栄養なので与えるようにしましょう。

 

ここでは肥料の種類や分類、与え方についてまとめてみましたので、肥料を与えるときの参考にしてみてくださいね。

 

 

植物に必要な肥料三要素とは!?

肥料とは、植物に不足しやすい栄養を補うために与えるもので、「窒素」「リン酸」「カリ」のこの3つの肥料が植物には重要といわれています。

 

この3つの肥料を「肥料三要素」といいますが、この他にも土の中で不足しがちなカルシウムやマグネシウムなども、植物の栄養素として必要となります。

 

肥料三要素

  • 「窒素」 茎や葉の成長に必要な栄養素
  • 「リン酸」 花や実を付けるために必要な栄養素
  • 「カリ」 根が太く大きく成長するために必要な栄養素

※その他の石灰やマグネシウムは、植物の生育しやすいように、土の改良に必要です。

 

肥料の分類

化学肥料(科学的な方法によって作られた肥料)

尿素・硫酸アンモニア・塩化カリ・過りん酸石灰などの速効性のあるものが一般的です。また、土壌で効果が長続きする暖効性の化学肥料も、最近は出回っています。

 

有機質肥料(動物性・植物性の肥料)

油かす・堆肥・牛ふん・鶏ふん・骨粉など

 

肥料を施す時期別による分類 [肥料の呼び方]

芽出し肥

新芽の出る時期に肥料をほどこすこと

寒肥

冬の寒い頃に、植物が休眠している時期に肥料を施すこと

元肥

植物の植え付け、植え替えのさいに、肥料を土にませ施すこと

置き肥

土の表面に置く肥料のこと

追肥

元肥の効果がなくなる頃に、追加して肥料を施すこと

お礼肥

花の開花後や実の収穫後に、植物に施す肥料のこと

 

季節による植物の肥料の施し方

ほとんどの植物は、春になると盛んに生育しますので、肥料はこの時期から徐々に与え始めます。植物は肥料も多く吸収しますので、肥料を切らさないように注意しましょう。茎葉をしっかり育てるために、生育初期には窒素分を施しましょう。

 

気温が高くなり、植物たちの生育は鈍ってきます。弱る株もなかにはでてきますが、弱っているときに施肥を施してはいけません。株のスタミナを高めるためには、微量の活力剤やカリウムの豊富な肥料を与えてやりましょう。

 

植物は秋になると再び盛んに成長し始め、たくさんの花を咲かせますので、追肥やリン酸の入った肥料を与えましょう。宿根草、花木には、お礼肥を与えるようにしましょう。カリ分補給も忘れずに耐久性を高めましょう。
一年草の場合は施肥は終了し、しっかりと冬に備えましょう。

 

冬は植物の成長が止まりますので、肥料は与えないのが鉄則です。パンジーなど冬の間花を咲かせている植物には、速効性の液体肥料を少なめに与えてください。また、秋までの肥料が残っている場合は、取り除いてあげましょう。

 

 

植物の肥料の与え方チェック

肥料を与えすぎ

肥料不足

葉が大きく育つ 茎がひょろひょろして弱くなる
葉に厚みができごわごわした感じになる 根元の葉が落ちる
葉が縮れた感じで、奇形のものがある 成長が遅くなる
鉢の周りに白い粕がたまる 茎葉の色が悪くなる
土の表に白い粕がたまる 花の色が悪くなる
日に当てると弱る 生育しなくなって花が咲かない
葉が茂ってきて花が咲かない 花の大きさが小さい