鉢の種類【サイズ・仕組み】

植木鉢の仕組みと選び方【植物に合わせたサイズを選ぼう!】

植木鉢を選ぶとき、値段や鉢のデザインだけで選んでしまって、植物が枯れてしまったということはないですか?

 

植木鉢にはいろいろな種類があり、育てる植物に合うものを選ばなければなりません。また、鉢の大きさも通販などでは実際に手に取って選ぶわけではないので、思ったよりも小さかった、大きかったということもありますね。

 

植木鉢を購入するときは、植物に合う鉢の種類やサイズを知ることが大切です。選び方を間違えてしまうと、大事に育てた植物が枯れてしまうこともあるので、上手な植木鉢の選び方をしましょうね。

 

 

鉢の大きさとポイント

鉢の号数 × 3センチ = 口径

  • 口径と鉢の深さが同じものを普通鉢といい、多くの植物にむいています。
  • 鉢の深さが口径の2分の1の鉢は半鉢、浅鉢といいます。
  • 口径より深い鉢は深鉢といい、根の張り方の深さによって選びます。

 

鉢の種類と選び方のポイント

木製鉢

木製の鉢は、自然素材でできているため通気性と排水性に優れています。木は熱を伝えにくく、暑さや寒さから根を守ることができます。木製の鉢を長持ちさせるためには、防腐剤を定期的に塗るようにし手入れをしましょう。

 

素焼き鉢

素焼きの鉢には重みがあり、衝撃にはとても弱いです。鉢の素材は自然のものでできているので、通気性、排水性が期待でき、戸外での植物の栽培に使われます。根の生育に優しく、気温の高い時も用土の温度を低めに保ってくれます。

 

陶器

陶器は自然な素材でできている鉢で、色やデザインも豊富にあります。吸水性や通気性に優れていますが、衝撃には弱いでしょう。

 

プラスチック鉢

プラスチック自体には通気性がなく、鉢穴に排水は頼るしかありません。保水生はとてもよく、水分を好む植物にむいています。
値段も安くデザインは豊富ですが、通気性や水はけが悪いので、水やりを忘れがちな人に向いています。

 

鉄製の鉢

鉄は気温の変化に大きく左右されますので、とても注意が必要です。日陰植物には不向きです。

 

水耕栽培容器

ガラスやプラスチック製からできていて、おもに球根など水栽培容器として使われます。野菜の栽培やハーブなどの栽培に使われます。

 

鉢皿

鉢皿は、鉢から流れる水を受ける役目をします。鉢皿を使用する場合は、鉢より1サイズ小さいものを使うようにします。

 

 

日陰・半日陰の場所では、植物に日のあたりが少ないため、水分の与えすぎによって根腐れを起こすことがあります。鉢を選ぶときのポイントとして、通気性、水はけのよい鉢を選ぶようにしましょう。

 

PJロングトム3点セット 焼杉メッシュプランター ベジタブルプランター

 

チェック植木鉢の通販はこちらです。