アオキの育て方

アオキの育て方 【観葉植物・花木/庭木】

アオキ

名前:アオキ
属名:アオキ属
科名:アオキ科(ミズキ科)
分類:庭木・花木・観葉植物

 

 

アオキの育て方

用土

アオキに適した用土は、水はけのよい保水力のある土がよいでしょう。赤玉土(中粒)2:腐葉土1 を配合した用土が適しています。

肥料

アオキに肥料を施す際は、3月頃に化成肥料を株元に追肥してください。アオキを鉢植えしている場合も、庭植えと同様です。

水やり

たっぷりと水やりをしますが、鉢植えの場合は、風あたりの強い場所だと土の乾きが速いので、水が切れないように気を付けましょう。

植えつけ・植え替え

アオキの植えつけの時期は、3月〜4月上旬、6月〜7月・9月がよいでしょう。根腐れを防ぐため水はけの悪いところでは、土を盛ってアオキを植え付けましょう。植えかえの場合も同様に行います。

増やし方

アオキは挿し木で増殖できます。葉が大きいため、葉を1/2ほどに切りましょう。空気中の湿度を保つため、ビニール袋で覆って乾燥を避け袋に空気穴をあけるようにします。
6月〜7月頃に挿し木するのがよいでしょう。

病気

炭そ病・褐班病・すす病

害虫

アオキシロカイガラムシ・チャノホコリダニ・アオキミタマバエアオキシロカイガラムシ

 

アオキの特徴

日陰でも育つ植物のアオキは、耐寒性や耐影性が強く、直射日光の当たらない所でも生育します。日なたから日陰まで場所を選ばない植物のため、アオキは初心者でも育てやすくおすすめの日陰でも育てやすい植物です。

 

果実は雄株にしか実りませんが、アオキの赤い実とつやつやした葉がとても綺麗で美しです。育て方で注意するところは、班入りの品種のものに直射日光を当てすぎてしまうと葉焼けしてしまいます。

 

アオキは日陰でも育てやすい植物ですが、あまりにも暗い場所では生育が悪く育ちにくいので気を付けましょう。

関連ページ

アイビー(ヘデラ)の育て方
日陰・半日陰の場所でも育つアイビー・ヘデラの育て方についてまとめています。
ホマロメナ・ルベスケンス
日陰・半日陰の場所でも育つホマロメナ・ルベスケンスの育て方と特徴についてまとめています。
アグラオネマ
日陰・半日陰の場所でも育つ植物アグラオネマの育て方と特徴についてまとめています。
アジアンタム
日陰・半日陰の場所でも育つ植物アジアンタムの育て方と特徴についてまとめています。