【鉢花の育て方】日陰植物の上手な土選び

日陰・半日陰で育つ植物【育て方・通販】

[鉢花基本の育て方・土選び] 日陰・半日陰の場所に適した土とは?

鉢植えは、限られたスペースで植物を育てなければならないため、土選びはとても大切になります。

 

日なたで育つ植物・日陰植物に限らず、畑の土や庭の土には害虫の卵や病原菌が多く、雑草の種子などが含まれている可能性があるので、鉢植えにはむかないのです。

 

できるだけ市販の用土を使うことをおすすめします。

 

用土は2種類のタイプに分かれますが、その一つが基本用土です。鉢栽培でよく使われている基本の用土は、赤玉土と鹿沼土です。

 

こらの土は、排水性や通気性のよい粒状の用土で、一般的に広く出まわっています。

 

その一方で、基本の用土を補うために、改良用土をブレンドに使います。

 

これは保水力を高めたり通気性を高めるなど、用途に応じて選ぶことが重要になってきますが、培養土はそのまますぐに使えて手軽な用土です。

 

鉢花に適した土の種類

赤玉土

鉢植えでよく使われている基本の用土です。
通気性・保肥力に富み、大粒・中粒・小粒があります。

鹿沼土

酸性であるため、ツツジ科の植物の基本用土として使われる。
赤玉土と同じくふるいにかけてから使う。

腐葉土

基本用土の保肥力や通気性を高める改良用土です。
落葉樹の落ち葉を堆積して腐熟させたものです。

倍養土

あらかじめ、植物が成長しやすいように配合された用土。
メーカーによって配合の仕方は違います。

荒木田土

排水性や通気性は劣りますが、保肥力に富みます。
粘土質の基本表土で、改良用土を加えて使います。

堆肥

改良用土のほかにも肥料として使われる事もあります。
腐葉土と同じですが、肥料分をやや多く含みます。

パーライト

通気性を高めて用土を軽量化します。
真珠岩を焼成して作った無肥料・無菌の改良用土です。

ピートモス

腐葉土に似ています。水生植物が堆積、腐熟した改良用土です。
酸度調節しているのも、とても便利てす。

バーミキュライト

ひる石を焼成して作っている、無肥料・無菌の改良用土です。
保肥力・排水性を高めるときに使います。

古土リサイクル資源

古くなった土の再生を促す資源です。
限られた資源ですので、大切に土も使いたいですね。

鉢底土

鉢土の排水を高めるために、鉢の底に入れて排水層にします。
赤玉土の大粒や軽石でも鉢底土の代わりになります。

 

日陰・半日陰で育つ植物のオリジナルブレンドの土を作ってみよう。

植物の種類や日なた、日陰、半日陰などの場所に応じて用土は選びます。

 

日陰や半日陰などの日の当らない場所では、植物が根腐れをおこしやすいため、腐葉土を多めにして排水性を高めてみてはどうでしょう。

 

通気性を高め軽くしたいときは、パーライトを加え、保水力を高めたいときは、パーキュミライトを加えましょう。
分量は用土全体の2〜3割が目安となります。

 

※ブレンドした土は、1ヶ月以上寝かせてから使うと、全体がよくなじみ使いやすくなります。

 

例:植物にむいている代表的な基本のブレンド

草花の場合

腐葉土3(鉢底):赤玉土7

ハーブの場合

腐葉土5(鉢底):赤玉土5

花木の場合

バーキュミライト2(鉢底):腐葉土3(中):赤玉土5

 

 

鉢花の基礎知識【育て方・通販】

日陰・半日陰で育つ花・通販【鉢花・ガーデニング花】
植物の種類と草花の種類について
鉢の種類、サイズと選び方について
鉢花の土の選び方
鉢花の株の選び方
鉢花の植え付けと植え替え
植物の水やりの仕方
肥料の種類と与え方について
植物の増殖の仕方
植物の手入れ方法

 

ページTOP

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ